無駄な労力は必要なし!就活生が押さえておくべき、丁寧な内定辞退の仕方とは?

           
  • 投稿日:2020.03.17
  • 更新日:2020.11.07
  • 内定後
無駄な労力は必要なし!就活生が押さえておくべき、丁寧な内定辞退の仕方とは?

就活がいよいよ終盤になってくると、複数社内定をもつ学生もでてきます。せっかく内定を貰ったけれど、もっと志望度の高い企業から内定をゲットしたとき、気になるのはスムーズに内定辞退ができるかどうかですよね。

ここにあまり労力は使いたくないですが、最近はオワハラの問題などがよく取り上げられており、皆さん少し不安だと思います。

今回、丁寧な内定辞退の仕方をご紹介します。これらのポイントを押さえておけば、企業側ともめることも少なくなるのでおススメです。基本的な内定辞退の考え方として理解しておきましょう。

内定辞退が許される前提とは?

まず、最初に一番大事なことを確認します。そもそも、内定辞退は入社前ならいつでもできるわけではありません。

内定辞退が許されるのは、”入社承諾書/誓約書を提出する前まで“というのが大前提になります。企業から内々定が出た後、上記の資料に署名・捺印をして提出することが求められることになりますが、これらを提出する前に内定辞退を行いましょう。

企業側としても入社承諾書/誓約書を受け取った後は、その学生は自社に入社することを決めたと判断して動いています。当然そのあとに辞退を申し出てしまうと、大きく揉めてしまうことになり、学生側も多大な労力を要してしまいます。

内定辞退は”できるだけ早く!”が鉄則

次に、内定辞退をよりスムーズに行うための鉄則をお伝えします。それは“できるだけ早いタイミングで企業に伝える”ということです。

結局のところ入社先は1社しか選べないので、複数内定を取った場合、基本的には1社以外は内定をキープする意味はありません。もちろんどっちに入社するべきか悩むくらい志望度が競っている場合もありますが、大抵の場合は自分の中で優劣が見えているものです。

そのような場合、無駄に内定をキープするのではなく、できるだけ早いタイミングで内定辞退を申し出ましょう。企業としても採用活動が進めば進むほど、新規の内定を出し辛くなるため、内定辞退を引き留めたくなります。ですから、時期の遅いタイミングで辞退を申し出てしまうと、学生側も企業を振り払うのに多少労力がかかってしまいます。

また、よりスムーズに内定辞退を進めるためにおススメなのは、内定を貰ったタイミングで”他に迷っている企業があり、現在その選考が進んでいる”と伝えておくことです。

これにより企業の人事側も”もしかしたらこの学生は内定を辞退するかも”と心構えできるので、後に”〇〇商事から内定を貰い、そちらに入社したいため御社の内定を辞退したいです。”と伝えたときに、理解を示してくれやすくなります。

電話でOK?対面で伝えるべき?

次に具体的な辞退の仕方ですが、これは、電話で伝えるだけで問題ありません。

一部の記事では、直接会って話すべき、や、企業に手紙を書くべきだ、というものもありますが、今の時代そこまでする必要はありません。ここまででお伝えした内容に沿って学生が動いていれば、あとは電話を一通入れるだけで内定辞退の完了です。お疲れさまでした!

場合によっては、辞退の理由などを細かく聞かれますが、答えられる範囲でいいので、伝えてあげましょう。その企業の人事が翌年の採用方針を決めるときに、参考とする情報になります。ここで誠実に対応をしておくことで、あなたの大学への印象もよくなり、後輩が来年以降にその企業から内定をもらうことに多少なりとも繋がります。

もう自分は二度と関わらないからと不誠実な対応をするのではなく、一度関わった企業には誠実な対応を心がけてよい印象を与えておきましょう。もしかすると、あなたが第二のキャリアでその企業を志望することもあり得ますので。

まとめ

以上、丁寧な内定辞退の仕方を見てきました。

実際、内定の出るタイミングなどによっては、このような綺麗な対応が難しい場合もあるとは思います。しかし、基本的な内定辞退の考え方を理解しておくことで、そういった場合でも企業に対して誠実な対応ができるようになるはずです。