現役リクルーターが語る、OBOG訪問で気を付けるべき3つのポイント!

現役リクルーターが語る、OBOG訪問で気を付けるべき3つのポイント!

いよいよ就職活動が本格化をしてくると、実際の社員から生きた情報を得るためにOBOG訪問を行う必要性がでてきます。

ただ、どのくらい準備をすればいいのかも分からないし、社会人の時間を頂戴するとなると気が引けて緊張もします。私も学生の頃はOBOG訪問が億劫で、できる限り避けてきました。

そんな私も今では外資系企業でリクルーターを始めて3年になります。そこで、実際にOBOG訪問を受ける側となって感じたことから”これだけを気を付けておけばよい”というポイントをまとめて皆さんにお伝えしたいと思います。

別記事では、”OBOG訪問ではどんな情報を得ることに価値があるの?”といった疑問に答えているものもあります。合わせて読んでみてください。

社員がOBOG訪問を受ける目的は?

この時期になると、街中でもOBOG訪問を受けている社員たちをよく見かけます。そもそも忙しいはずの社員たちが、なぜ自分の時間を割いてまで訪問を受けるのでしょうか。

各社員のマインドによって割合に差はありますが、目的は主に3点あります。

1点目は、後輩へのシンプルな優しさです。大学の後輩やゼミの後輩がより良い進路に行くために、少しでも役に立てば良いなという思いです。

2点目は、自社のアピールです。よほどの大企業であっても学生の応募者を増やしたいと考えているので、会社からも積極的にOBOG訪問を受けるように要請があったりします。

3点目は、優秀な学生の確認と引き抜きです。ぜひ自社に欲しいというレベルの学生がいた場合、素養や意志を確かめた上で人事や面接官に申し送りをしたり特別選考ルートに乗せたりします。

次に、この社員側の背景を理解したうえで、OBOG訪問で気を付けるべきポイントについて見ていきます。

気を付けるべきポイント1-連絡は丁寧に素早く

まず、一番基本的な所ですが、OBOGとの連絡は丁寧に行ってください。

学生時代は社会人と関わる機会が少ないため、失礼なコミュニケーションになりがちです。

言葉遣いなどはもちろんですが、レスポンスの早さも大事です。

特に日程調整を行う際、OBOGの予定表にはどんどん仕事の予定が入っていきます。

候補日を提示された場合は、なるべく早く自分の予定を確認し、返信するようにしましょう。

気を付けるべきポイント2-事前準備をしっかりと行う

当然といえば当然なのですが、これができてない学生が多すぎるのも事実です。私もこの3年間で何人もの学生とお会いしてきましたが、半分以上の学生は明らかな準備不足でした。

準備ができていないと、学生にとっても社員にとってもいいことはありません。

では、最低限どういった準備が必要なのでしょうか。

答えはシンプルです。質問のリストアップと社員への共有、これに尽きます。

限られた時間で最大限の効用を得るためには、ここをしっかり行うことがマストです。

OBOGの企業や業界、相手の年次を考慮して質問リストを作り、可能であれば数日前に共有しましょう。OBOG側もちゃんと目を通し答えを準備することができるので、学生にとっても有意義な情報が得られるはずです。

気を付けるべきポイント3-当日は期待値を共有する

当日に避けるべきことは、しっかりと場を作らずにだらだらと時間を使ってしまうことです。学生の側から“今日のゴールは何か”“どんなテーマを知りたいのか”を冒頭で確認し、このOBOG訪問への期待値を共有しましょう。

こうすることで、他愛もない薄い情報を語って平日の1時間が過ぎてしまうことを避けることができます。私も何度か経験がありますが、先に述べた目的をどれも満たすことができていないので、社員は帰り道で死にたくなります。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、OBOG訪問で気を付けるべき基本的なポイントを確認しました。

ぜひこの記事を活用いただき、有意義な情報をOBOGから引き出すようにしてください。