これを見れば分かる。業界研究のポイント!!

これを見れば分かる。業界研究のポイント!!

業界研究・企業分析は自身のキャリア選択をする上でも非常に重要ですし、業界・企業をちゃんと理解しているかどうかで選考合否に大きく影響するといっても過言ではありません。

今回はそんな業界・企業分析のポイントをまとめてみました。

業界・企業分析の目的

まずは業界・企業分析の目的を確認しましょう。業界・企業分析の目的は、A. 自分が志望する(今後選考を受ける)業界・企業を発見すること、B. 志望業界・企業を深く掘り下げ、ES・面接に向けた理解を深めることの2点になります。

後段のステップでも記載しますが、業界・企業分析は自身で目的やゴール設定をしないと終わりなく深め続けることができてしまいます。

良くありがちなのが、深く分析をしたものの結局その業界・企業の選考は受けなくなってしまうケースです。

業界・企業は本当に多くある中、効率良く進めていくためには、自身の中で線引きをしていく必要があります。

例えば①を目的とした場合、自分が選考を受けるかを判断できるためにはどこまで調べるかゴール設定が必要です。

このあたりの詳細は別記事でまとめていきたいと思います。

業界・企業分析のステップ

続いて業界・企業研究のステップについて述べていきます。

業界・企業研究は 1. 目的・ゴールの設定 ⇒ 2. 情報源の特定 ⇒ 3. 情報を踏まえた意思決定の順で行っていきます。

1. 目的・ゴール設定

前段でまずは目的の設定が重要です。目的が、志望業界・企業の決定なのか、より深い業界・企業の理解なのかによって調べる媒体や調べる方法も変わってきます。

また、目的を設定した後、何ができれば目的を達成したといえるのかを測るためにゴールを明確にしましょう。

例えば、その業界を受けるかどうか判断することが目的なのであれば、何が情報として揃っていればよいのかまで明確にします。(他企業との報酬・労働時間・キャリアプラン・仕事内容等)

そうすることで、不必要な情報収取にかける時間を短縮することができます。

2. 情報源の特定

ゴール設定により調べるべき情報まで明確にできたら、次は情報源の特定をする必要があります。闇雲にリサーチしても無限にある情報に埋もれてしまいます。また、得たい情報によって大きく情報源は異なるため、情報源の特定が必要です。
例えば、企業の財務情報であれば有価証券報告書、業界・市場の動向であれば官公庁やリサーチ会社が出しているレポート、企業の働き方・風土であれば特集記事やOB・OG訪問などの1次情報から得る必要があります。
皆さんが得たい情報によってどの情報源をあたるべきか特定した上で臨みましょう。

3. 情報を踏まえた意思決定

情報を得ることができたら、得た情報を基に意思決定が必要です。当初の目的が選考を受けるかどうかの判断であれば、選考を受けるかどうかの意思決定をする必要があります。
もし意思決定ができないのであれば、改めてなんの情報が必要かを整理し、再度リサーチする必要があります。

業界・企業分析で抑えておくべきポイント

これまで目的やステップを説明してきましたが、とはいえ何を調べ良いか途方がつかないこともあると思います。そこで、業界・企業分析で絶対抑えておくべき5つのポイントをご紹介します。

1. 事業内容

当たり前のことですが、まずは事業内容を調べることが重要です。モノを提供しているのか?サービスを提供しているのか?また、それらを提供することでどのような価値を提供しているのかを調べる必要があります。

2. 市場動向

次に市場動向です。皆さんが興味ある業界・企業が今後どのように成長していくのか?変化していくのかを理解しておく必要があります。
具体的には、その市場の購買層の年齢・世代・職業や、国内・海外市場における各企業のポジションや、国内・海外での需要の有無を確認するとよいです。
これらの情報を取得することで、調べている業界・企業の動向を予測していく必要があります。

3. 業界・企業のお客様

次にその業界・企業のお客様について調べる必要があります。
お客様とは実際にその業界・企業の方が、誰にそのモノ・サービスを届けるのかが重要です。
一番わかりやすい違いが、B to C(一般消費者向け)かB to C(企業向け)かの違いになります。
相対するお客様によって、働き方も与えられる影響も全く異なりますので、志望企業・業界を選ぶ上でも重要となっていきます。

4. 業務内容

次に業務内容です。業界・企業を調べる上で皆さん何かしらのイメージは持たれていると思います。その上で、その業務は売るものなのか、作ることに携わるのか、売ることや作ることをサポートするものなのか認識しておく必要があります。
また、思い描いている仕事は最初からなれるものか、何か経験を得た上で数年後なれるものなのかなども、ギャップを得ないために調べておく必要があります。

5. 雰囲気・社風

最後に雰囲気や社風です。どんなに仕事内容が良いものでも、企業の雰囲気や人間関係で悩んでしまうと、精神的に負担になってしまうものです。
自分に合った環境なのかを見極めていくためにも、会社セミナーやOB・OG訪問などで実際に社員の方から情報を得てくる必要があります。

最低限これらの情報があれば、選考を受けるかどうかの判定はできます。

まとめ

これまで業界・企業分析についてまとめてきました。

業界・企業分析も闇組にやらず、きちんと目的やゴールを明確にした上で、計画的に行うことで、時間を短縮することができます。情報の量にのまれないように、本記事の内容を基に、業界・企業分析のやり方を改めて振り返ってみてください。
また、別記事にてより各論のポイントや実際のレポートなども紹介しますので、そちらも併せてご参照ください。