何のための就活?就活の目的と全体像を解説!

何のための就活?就活の目的と全体像を解説!

就活となると、急に社会人という今までとは違う世界が身近に感じ、焦りを感じてしまいますよね。

また、周りとの競争にも見えてしまい余計に焦ってしまうものです。

そもそも就活は何のためにあって、どのように行動していけばよいのでしょうか? 今回は就活の目的や流れなど、全体像について述べていきましょう。

就活って何のため?

冒頭にも書きましたが、急に社会人が身近に感じると焦ってしまうものです。焦る中では就活の目的も忘れてしまうものです。


果たして就活の目的は何でしょうか?内定をとること、大手企業に入ることでしょうか?確かにそれは就活の一つのゴールかもしれませんが、目的ではありません。

就活の目的はあくまでも「自身のキャリア形成」なのです。


今後の自身のキャリアを考えたときに、いかに最適なファーストキャリアを考え、それに向かって活動できるかが就活のポイントになります。

就活をしていると内定がゴールになってしまい、何処でもよいからと企業の内定を求めてしまったり、とりあえず安心な大手の内定を狙ってしまったりしがちです。

確かに内定を取ると安心するし、大手企業の内定はすごいことと思います。しかし、そこで得た内定が皆さんにとっての「最適な内定先」とは限らないのです。

もちろん、就活のために夢を作る必要はありません。でも、これから夢や生涯かけてやりたいと思える仕事を探すための一歩として、どんな会社にすべきか、という観点で就活のゴールを置くことが肝心です。

キャリアの考え方については、以下の記事などもご参考にしてください。

まずは就活の全体像を把握しよう

さて、就活の目的やスタンスが分かったところで、就活の全体像についてみていきましょう。

就活は大きく以下の図のような流れになっています。

自己分析や業界研究、インターンシップなど就活ではやることが多く、平行してやらざるを得ない場合も多いですが、各ステップで何がポイントなのか、きちんと理解して臨む必要があります。

大きく、自分を知る、会社を知る、自分を伝えるフェーズに分かれているため、全てが満遍なくできている必要があります。

また、本サイトの構成もこちらの流れに沿っているので、皆さんが今悩んでいるフェーズの記事を読んで頂けるとよいと思います。

本サイトにおける各項目の記事の概要は以下の通りです。

1. 就活の概要・考え方

こちらでは、就活の流れや就活サイトの比較、内定までの道のり(エントリー数など)など、就活の全体像や考え方について記事を記載しています。まずは、就活の概要を抑えた上で臨んでいきましょう。


2. キャリア・自己分析

就活でも軌道に乗るまで一定時間のかかる自身のキャリア/自己分析について、手法や考え方を記載しています。

特に就活では将来の夢などを話す場面も出てくるので、その際に心から自分のキャリアを語れるよう、方法論を記事として発信していく予定です。

3. 業界・企業研究

意外とつまずきがちな業界研究について、業界研究をする上でのポイントや見るべきサイト、方法論などについて紹介していきます。

また、まだ準備中ではありますが、各業界を簡単にまとめたレポートなども作成予定です。

4. インターンシップ

就活の中で最も重要なものの一つがインターンシップになっています。昔では感度の高い学生だけが先行して行っているイメージでしたが、昨今では、インターンシップをいかないと最早乗り遅れてしまう時代になっています。

また、インターンシップは本選考のプレとしても活用でき、ESやGD・面接などの練習としても生かせます。

そのようなインターンシップの選考のポイントや受かるためにすべきことなどを記載していきます。

5. OB・OG訪問・リクルーター面談

OB・OG訪問は会社の情報を得る上でとても良い手段です。一方で、きちんと準備をしていないと、思う様な情報が手に入らなくてやった感だけが残ったり、場合によってはOB・OGの方に失礼になったりしてしまいます。また、企業によっては選考のポイントになることもあります。

そのような、OB・OG訪問のポイントやマナー、質問リストについてなど記載していきます。

6. エントリーシート・書類選考

選考の第一関門である、エントリーシート・書類選考。まずはここを突破できるかどうかが重要となりますが、エントリーシートは基本的にはきちんと準備をすれば突破できるものばかりです。また、内容のすごさを重視しがちですが、私がコンサルをしていた経験からも実際の人事部が見ているのは中身ではありません。

エントリーシートを突破するためのポイントや具体事例を踏まえたESの良い書き方・悪い書き方、ES事例などを記載していきます。

7. 筆記テスト・Webテスト

ESを乗り越えたら次は筆記テスト・Webテストです。ここも手を抜きがちですが、早めに対策をしてきちんと勉強すれば絶対に通る試験です。また、裏道的方法もありますが、最近ではWebの後に集合して筆記を受けてもらうなど、ズルを防ぐ試験形式もあったりするので、きちんと勉強するのが吉です。

筆記試験の種類や対策と傾向について記載していきます。

8. グループディスカッション(GD)

グループディスカッションは得意・不得意が分かれるところではありますが、この選考も抑えるべきポイントを抑えれば通過率をあげることはできます。

また、グループディスカッションは場慣れしているかどうかも影響するため、インターンの選考や自主練などで経験を重ねていくことも重要です。

グループディスカッションの通過のためのポイントや業界別のGDのお題・GDで見られている観点などを記載していきます。

9. 1次~n次面接

面接は初めて企業の担当方と少人数でコミュニケーションする機会となるため、自分について深く掘り下げられる場となります。きちんと自分の知れていて、相手のことも理解して、選考が通過できなくなってきます。とはいえ、面接も練習や実践での経験を積めば通過率を上げることができるため、欠かさず鍛錬が必要です。

1次~2次、3次面接等でのポイントの違いや、面接で見られていること、面接でよく聞かれることとその回答例を記載していきます。

10. 最終面接

最終面接は面接の中でも最も対策が難しくなっています。相手は役員クラスとなっており、皆さんの能力よりは価値観や熱意などを見て、最後に本当にこの会社にいると思ってもらえるかが重要です。

最終面接はご縁のため、運の要素も強く通過率を自分でコントロールするのは難しくなっています。

とはいえ、最終面接で気を付けるポイントやよく聞かれる質問などはあるため、きちんと準備した上で、臨むことが重要です。

11. 内定後の過ごし方

内定をとったら皆さんはどうしたいですか?もちろん残りの大学生活を謳歌するのはとても良いことです。一方で、冒頭に書いた通り、内定がゴールではありません。きちんと本当に自分にとって最適の進路なのか検討し、今後のキャリアの形成のための準備をしていくことが重要です。

内定後の過ごし方や内定辞退についてなど記載していきます。

就活対策は集団で情報を集めよう

さて、就活の流れや全体像について説明してきましたが、就活では各フェーズでいかに情報を集めるかが大事です。

もちろん本サイトでも様々な情報を取り扱いますが、就活生のリアルな情報(選考での面接官の態度、質問内容)などもとても重要です。これらの情報を集めるためには、就活仲間を作るのがカギです。就活は個人戦に見えますが、実は団体戦なのです。

同じ業界を受けている大学の同期やインターンシップで繋がった他大のメンバーなど、積極的にコミュニティを作っていきましょう。そこで情報交換をすることで、より就活に役立つ情報を得ることができます。

本サイトでは少しでもリアルな情報を集めるため、実際の就活生の体験談なども掲載していく予定です。本サイトを通じて、他大の就活生の情報を集め、またそれが良ければ皆さんも情報を本サイトに還元していただきたいと思っています。

就活Hutは文字通り、就活生が集まるオンライン上の小屋(寺子屋)のように、リアルな情報をあつめ、提供しあえる場にしていきたいと思います。

まとめ

本記事でのポイントは、①就活の流れ・全体像を把握し、各フェーズで適切な対策をとること、②オフライン・オンラインで情報を集め集団で就活を行っていくことの2点となります。 これらについては、各記事で詳細にポイント等を述べていきますので、ぜひぜひご覧ください!