業界研究レポート-経営コンサル業界~就活生に人気のあるコンサル業界を分かりやすく解説します!~

業界研究レポート-経営コンサル業界~就活生に人気のあるコンサル業界を分かりやすく解説します!~

就活生の中でも経営コンサルタントの人気は高く、選考時期も早いので、とりあえず受けてみることも多いんじゃないでしょうか?
今回はそんな経営コンサル業界についてひも解いて行きましょう。

経営コンサルティングとは?

そもそも経営コンサルティングとはどのような仕事なのでしょうか。経営コンサルティングは”企業のお医者さん”とも言われていて、「企業や官公庁が抱えている問題を解決し、目標達成できるようサポートしていく」仕事となります。

コンサルタントという響きが良いためか、よくコンサルティング営業や不動産コンサルティングなどのPRもみかけますが、これらと経営コンサルティングは別物になります。
コンサルティング営業などは、あくまでもツールや不動産といった商材の導入や導入後どのようにオンボーディングできるかを相談に乗るもので、ツール・商材ありきとなっています。

一方、経営コンサルティングは”相談に乗ること”そのものが価値となっており、ツールや商材ありきでない課題の明確化・課題解決に取り組む仕事となっています。

最近は経営コンサルの人気も高く、どのような業界・業種でも○○コンサルとPRしていることが本当に多くなっています。
経営コンサルタントを目指す皆さんは、その違いをきちんと認識して、入社後ミスマッチが起きないように注意しましょう。

主なプレイヤー

それでは経営コンサルタントにはどのようなプレイヤーがいるのでしょうか。
経営コンサルティング会社には、ビジネスの流れに沿って、以下3つのテーマに分類されます。

①戦略系コンサルティング
②マネジメントコンサルティング(業務系・人事系等)
③ITコンサルティング

簡単に3つのテーマの違いを説明すると、

【経営コンサルティングテーマ】
①戦略コンサルティング
そもそもの企業の方向性に対してのコンサル(中期経営計画など)

②マネジメントコンサルティング
中期経営計画など戦略に基づいて、より具体的な事業・業務の方向性を検討するコンサル

③ITコンサルティング
その事業に基づいた具体的なアウトプット(システム構築)を生み出していくコンサル

といった違いがあります。

その上で、プレイヤーとしては、

【経営コンサルティング業界のプレイヤー】
1.戦略に特化した戦略系コンサルティングファーム、
-マッキンゼー
-BCG(ボストンコンサルティンググループ)
-ベイン&カンパニー 等

2,全ての領域をカバーしている総合系コンサルティングファーム、
-デロイトトーマツコンサルティング
-PwCコンサルティング
-アクセンチュア
-アビームコンサルティング 等

3.人事などマネジメントの一部に特化したファーム、
-ヘイコンサルティング
-エーオン
-マーサージャパン 等

4.IT領域に強みを持ったIT系ファーム
 -NTTデータ
 -フューチャーアーキテクト等

に分類されます。

しかし、昨今では戦略だけでなく実行のニーズも高いため、戦略コンサルティングファームでも一部総合コンサルティングファームと近い形に移行していることもあります。

また、コンサルティングファームは国内外含めて多く存在しますが、外資系大企業・国内大企業の多くは、外資系コンサルティングファームが相手をしていることが多いです。(特に戦略・マネジメントコンサルティング領域)

IT領域だと、日系コンサルティングファームでも大企業の案件も全然ありますが、もし戦略・マネジメントコンサルティングで大きな企業を相手にしたい場合は、外資系コンサルティングファームへの入社をおすすめします。

ちなみに、就活をする上では、何をやるか迷って総合ファームを選択する人が多いですが、大体は総合コンサルティングの中でも戦略だけ採用フローも異なっていたり、社内異動のケースが少なかったりします。
そのため、少しでも戦略コンサルタントに興味があるのであれば、平行して戦略コンサルティングファームを受けることをお薦めします。

経営コンサルタントの仕事

それでは経営コンサルタントはどのような仕事をしているのでしょうか、 正直プロジェクトやファームによって多種多様ではありますが、ざっくりと以下の流れとなっているケースが多いです。


①ゴール設定・全体計画策定
初めにそもそものプロジェクトゴールや最終的な成果物は何かをクライアントと合意し、全体のスケジュールを検討します。
プロジェクトは期間もリソースも有限のため、プロジェクトとして何をどこまでやるかを設定するのかが重要となります。

②仮説構築・問題設定
プロジェクト開始前のインタビューや今ある情報から、そもそもクライアントの問題点は何か、また最終的なアウトプットを創るために何をすればよいのか、仮説を構築していきます。

上記でもある通り、プロジェクト期間は有限なので、全ての考えられるケースを分析したり施策を試している時間はありません。
そのため、ある程度の情報から精度の高い道筋を立てることが重要です。この点は就活生がイメージするコンサルタントの仕事に近いかもしれません。

③情報収集・分析・課題設定
次に立てた仮設を基に、情報収集・分析をしていきます。ここでは、仮説を検
するために、改めて詳細なインタビューをしたり、様々な情報期間から必要な情報を集めます。
また、それらを基にExcelなどを駆使して分析するのもコンサルタントの仕事です。
情報収集・分析を踏まえて仮説設定が誤っていた場合は、改めて②に戻ったりもします。
その上で、情報収集・分析が固まってきたら、課題設定(すべきことの方向性)を行い、何をすべきか明確にしていきます。

④解決策の検討
③で固めた課題を基に、より具体的な解決策を検討しています。多くの場合、この解決策の方向性を一定固めた段階で、経営層など上層部の方とディスカッションなどを挟むため(戦略以外でも)、よりコンサルタントとしての醍醐味を感じれます。

⑤実行支援・提案
④で決めた方向性に基づき、実際に実行し、実行支援をしていきます。多くの場合、実行支援は別PJとして行うため、このタイミングで継続提案を行っていきます。

IT系だとまた違うフローとなることも多いですが、大まかにこのような形で仕事を進めていきます。 実際にはパワーポイントやExcelでの資料作りなど地味な作業も多いですが、仮説を立て分析し提案することがコンサルタントとしても面白い仕事の部分となります。

経営コンサルタントの魅力

それでは経営コンサルタントの魅力はなんでしょうか。色々あると思いますが、実際に働いてみて、以下の点が魅力だと思っています。

幅広い業界のトップ層に関われる
経営コンサルタントとなると、若手でも社長や経営陣、少なくとも事業部長クラスなど、幅広い業界のトップクラスと関わる機会があります。

また、若手であろうとそのような人たちに価値提供できるように渡り合えなくてはいけません。
普通の事業会社にいるとそんな経験は、少なくとも5年目以降じゃないとできないことが多く、1年目から経験できるのは非常に大きいと思います。

成長スピードの速い環境に身を置ける
プロジェクトという短い期間で高い価値を求められる仕事ということもあり、成長スピードの速さを求められます。また、優秀なコンサルタントは未経験のことでもすぐに知識を身に着け知恵へと転換する仕事ぶりを見せてくるなど、刺激も多いです。
加えて裁量が大きいこともあり、自分を持って臨めば周りより早く成長が可能です。

グローバルに働くチャンスが多い
特に外資系ファームになりますが、プロジェクトも国内に閉じておらず、海外支社とのやり取りも多いなど、グローバルに働く機会は非常に多くなっています。また、最近では各社で海外派遣の制度を整えていたりするので、海外でずっと働くチャンスも掴むことができます。

④ 社会的に影響のある企業の成長に貢献できる
経営コンサルタントを導入する企業は社会的影響力が大きい会社も多く、自分がやったプロジェクトが新聞やニュースに載るなんてことも全然あります。
自身がやったことを公開できないとは思いますが、そんな影響力のあるPJに関われるのも魅力かもしれません。(筆者もこれまで数社のPJの新聞掲載を経験しています)

まとめ

今回は経営コンサルタントのプレイヤーや魅力などをまとめました。経営コンサルタントはハードな仕事ではありますが、その代わりにやりがいも大きい仕事となってます。
選考の練習にもなりますので、興味あれば是非受けてみてください。 また、別の機会でコンサルタントの魅力や選考についても記事を書いてみますので、そちらもご覧頂ければと思います。