選考通過のための、筆記試験対策3ステップ!!

選考通過のための、筆記試験対策3ステップ!!

就活の選考において、多くの企業で筆記試験が実施されることは皆さんご存知だと思います。それでは、そもそも筆記試験とはどういった形式があるのでしょうか。

今回は筆記試験の概要や種類、対策のポイントについて簡単に見ていきます。

筆記試験って何?

次に代表的な筆記試験の種類について見ていきましょう。

筆記試験には様々な種類があります。それぞれの試験で特徴が異なるため、志望度が高い企業は事前に筆記試験の形式などを調べ、対策を立てていきましょう。

・SPI

最もシェアが高く、内容もベーシックな試験形式となります。どの形式を準備すべきかまだ分からないがとりあえず対策を進めたい、という方はSPIから勉強することをおススメです。

テスト内容は能力検査と性格検査に分かれており、能力検査の中には言語、非言語の問題が含まれます。

テストセンター型が主流で、予約を行い全国各地に存在する会場へ出向き、一人で試験を受験します。

・玉手箱

SPIと並んでシェアの高い試験形式が玉手箱です。

SPIと違いWebテスト型となっており、Webテスト型においては最も高いシェアを誇っています。

テスト内容は能力検査と性格検査に分かれており、能力検査には計数、言語が含まれています。(企業によっては英語も含まれています。)

・TG-WEB

こちらも比較的にシェアの高い試験形式になります。

他のテストと比べ難易度が高い問題が多く、就活生の思考力の差がしっかりと測れる内容です。そのため、対策を十分に行う必要があります。

能力検査と性格検査から構成され、能力検査は計数と言語が含まれています。(企業によっては英語も含まれています。)

従来型と新型があり、従来型では空欄補充(言語)や暗号(計数)、新型では同義語(言語)や方程式(計数)などが出題される傾向にあります。

・CAB/GAB

こちらも就活の中で多く遭遇する試験形式となります。

他の形式と同様に能力検査と性格検査から構成され、CABの能力検査では暗算、法則性、命令表、暗号読解があり、GABの能力検査では計数、言語があります。

試験会場で受験する形式とWebで受験する形式があり、形式の違いによって制限時間に違いがあります。

・独自試験

企業によっては上記の形式に当てはまらない独自の試験を実施する企業もあります。こういった企業は特に事前の情報収集が重要です。ネットや友人から情報を集め、しっかりと試験対策を行いましょう。

筆記試験対策の3ステップ

筆記試験を通過しなければ、面接の選考には進むことができません。選考が本格化する前に、筆記試験対策を行っていきましょう。

ここでは筆記試験対策の進め方のポイントについて、3ステップで説明します。

1. 筆記試験の種類を知る

まずは、志望する業界や企業がどういった形式の試験を行っているのか、情報を収集しましょう。最近ではネットでも十分に情報を集めることができますし、同じ業界を志望していた先輩などから情報収集するというのも効率的でいいかもしれません。

特に志望する業界や企業がまだ定まっていないという場合は、SPIの対策から始めると良いでしょう。

2. 基本的な解き方を学ぶ

次に各テスト形式の解き方を学んでいきましょう。

まずは、対策本を1冊買い、1周することをおススメします。中学・高校時代に1度学んだことのある内容も多いため、簡単に解き方をさらうだけでも飛躍的に点数が向上します。

3. 数多くの問題に触れる

最後に、より多くの問題に挑戦し解答する速さを向上させていきましょう。試験では制限時間が限られているため、より早く正確に問題を解くことが重要です。

また、このステップでは実際の企業の筆記試験を練習に使いましょう。本番の緊張感に慣れることもできるため、本命の企業を受験する前にいくつか他の企業を受けることをおススメします。

まとめ

ここまで筆記試験の概要と対策のステップを見てきました。

筆記試験は、GDや面接試験といった対面での選考に進むための最後の関門です。しっかりと対策をすればちゃんと通過率を向上させることができるので、手を抜かずに早めに対応しましょう。